次回もお見逃しなく
次回もお見逃しなく Get ready for
the next leap

Kim, Kaan, Roel, Yohan, Claudio, Fernando, Masaharu.
この後も様々なストーリーが続きます.

Get ready for the next leap ニュースレターに登録して、 POLICEからの最新情報を受け取ろう
An error has occurred, check that all fields have been entered correctly or if the email address already exists.
*必須項目
ご承認いただき、 ありがとうございます 次回のLeaps of Faith情報よりご案内をお送りします。
chapter 01
自分の問題から 目を背けていても、それはどこまでもあな たに付きまとうだろう。
Claudio
chapter 02
私はファッションを勉強しました。
そして今、 そのファッションを変えるつもりです
Kim
chapter 03
そこで私は私の街にチャンスを与えることにした
Kaan
chapter 04
幸せになるためには 全てを犠牲にする覚悟を
Fernando
chapter 05
強烈な野心によって恐れに打ち勝った
Hyoungtae Yohan
chapter 06
自分のパッションを信じたいなら、
それを仕事にするべき
Nicoletta
chapter 07
最高の日は過去のい つかに始まっている。
Roel
chapter 08
ラクするためにワークスマート。
Masaharu
chapter 09
自分を追い詰めることで問題に打ち勝った
Ibby
chapter 010
私の人生は私自身し か決めることはできない。
Jakub
幸せになるためには全 てを犠牲にする覚悟を
ストーリー Fernando Mora
Fernando Mora

フェルナンド・モーラは、 より強くなるワインへの情熱に打ち込むためエンジニアの仕事を辞めた。 そして数年足らずでワイン業界における最も名声のある資格、 マスター・オブ・ワインを取得。 現在、 彼は2つの会社のリーダーとなり、 自身の成功のカギとなったグルナッシュ種(ブドウの品種)と地域の発展に力を注いでいる。

それは趣味から始まった。
2008年、 エンジニアとして働いていた僕は妻に連れられラ・リオハ州のワイナリーを訪れた。

そこで初めてワインに触れた経験は、 僕に衝撃を与えた。

3か月後、 僕は自宅のバスタブでワインを作っていた。
妻の助けを借り、 僕は両親の庭に栽培技術を身につけるためにブドウを植え、 同時にビジネスパートナーを探し始めた。
最初のパートナー、 マリオとともに我々の地方特有の様々なグルナッシュ種を使って自身初となるワインを作った。 何年にもわたりこのプロジェクトに取り組み、 マーケティングや販売方法、 そしてもちろんワインについて全て学んだ。

我々の商品をプロモーションするために、 レストランでのテイスティングを企画。 そのイベントを通して僕はフランシスコと出会った。 僕のワインを一瞬で気に入ってくれた彼はニューヨーク在住の弁護士で、 彼と共にアメリカへの輸出も開始した。

きっと目標達成のカ ギは人づきあいの良 さなんじゃないかな。

色々なことを教えてくれる人脈とネットワークを構築することが大事なのだ。

ワインの分野でより深くスキルを習得する方法を探していた時、 友人がマスター・オブ・ワインの候補を選出する2日間のセミナーに誘ってくれた。

これはワイン業界で最も評価されている資格。 候補者のたった2%しか最初のトライで合格することのないこの資格。 保持者は、 世界中で69名。
僕はエンジニアの仕事を辞めて勉強を始めたのだ。

はじめはどうなる か予想すること すらできなかった。 ただ自分を 信じて突き進む だけだった。

僕はこの挑戦をするた めに十分な資金や 能力があるのかはわからなかった。 でも素晴らしいワイ ン愛好家に囲まれてい るということが何よりも自分のビジネスを盛り上げた。

僕の人生の中でもタフな時期だった。 お金はなかったが、 自分の行っているこ とが自分と家族のた めにしている ことだったので、 毎日を笑顔で過ごすことができた。

わずか2年9か月の間に自分のビジネスを成長させ、 同時にスペイン人ではたった二人、 合格率2%とういうマスター・オブ・ワインの資格を取得した。

妻は僕が失敗すれば失望してしまうだろうと恐れていた。 しかし僕は困難な時も何一つ心配していなかった。 自分で起業している場合、 一番最悪なのはそのビジネスを辞めなければならないことだろう。 誰にも借金をしていなければ、 他の仕事を見つければいい。

堅実な仕事、 無難なポジション、 そういった自分の能力に合った道を進む人もいる。 リスクをとることはしたくないのなら、 その判断を信じて進めばいい。
でもチャレンジする道を選ぶなら、 それはゲームのようなものであることを覚えておく必要がある。
職を変えることはいとわない。 どんな仕事でも。 これまで様々な職に就いたが全て好んでやってきた。 つねにオープンな心でいるようにしていた。 そしてそれは僕のキャリアの中でとても重要な要素であった。

物事がうまくいかな くても人生は続く。 そんな時はただコ ースを変えればい いだけなのだ。

明日の事はわからない。 でも今日より良い日であると信じている。
はじめは5000本からスタートしたワインの販売も、 今では年間20万本を流通させるようになった。
2016年、 我々は最高級ワイン「BotijoRojo」をローンチし、 現在35の市場で販売されている。 成功するために、 僕は100%自分のビジネスにすべてを捧げる必要があった。

夢を叶えるためには、 孤独に感じることや すべてを犠牲 にすること、 財布が空になっ てしまうこと、 死に物狂い で働くことを覚悟しな くてはならない。

僕は明確なビジョンを持たずにワインの生産を始めたが、 つねに品質に重点を置き今ではこの地域に光を当てることを目標としている。
この地域にはポテンシャルがある。 スペインで最古のブドウの木があるのだ。
ここはグルナッシュ種生誕の地。 この品種でこの地域の未来を輝かせたい。

ビジネスがスタートし、 Bodegas Frontonioは最も興味深いワイナリーとなった。 さらに生産と宣伝に集中したいと思っている。 我々のお客様が更にワインへの熱を高めてもらえるようにしたい。
僕は売上を意識しすぎず、 ただ楽しみたい。

ビジネスマンであるよりも幸せなワインの生産者であり続けたいのだ。

基本的に僕の夢 は好きなことをやって 生きていくこと。 お金はそれほど重要ではない。 自由であることが重要なのだ。
Next story
Hyoungtae Yohan
強烈な野心によって恐れに打ち勝った
Instagram icon