次回もお見逃しなく
次回もお見逃しなく Get ready for
the next leap

Kim, Kaan, Roel, Yohan, Claudio, Fernando, Masaharu.
この後も様々なストーリーが続きます.

Get ready for the next leap ニュースレターに登録して、 POLICEからの最新情報を受け取ろう
An error has occurred, check that all fields have been entered correctly or if the email address already exists.
*必須項目
ご承認いただき、 ありがとうございます 次回のLeaps of Faith情報よりご案内をお送りします。
chapter 01
自分の問題から 目を背けていても、それはどこまでもあな たに付きまとうだろう。
Claudio
chapter 02
私はファッションを勉強しました。
そして今、 そのファッションを変えるつもりです
Kim
chapter 03
そこで私は私の街にチャンスを与えることにした
Kaan
chapter 04
幸せになるためには 全てを犠牲にする覚悟を
Fernando
chapter 05
強烈な野心によって恐れに打ち勝った
Hyoungtae Yohan
chapter 06
自分のパッションを信じたいなら、
それを仕事にするべき
Nicoletta
chapter 07
最高の日は過去のい つかに始まっている。
Roel
chapter 08
ラクするためにワークスマート。
Masaharu
chapter 09
自分を追い詰めることで問題に打ち勝った
Ibby
chapter 010
私の人生は私自身し か決めることはできない。
Jakub
そう、 僕は僕の町にチャンス
を与えることを決めたのだ。
ストーリー Kaan Bergsen
Kaan Bergsen

カーン・バーグセンはボストンカレッジの経営学部を卒業し、 その後2年間ニューヨークに住んでいた。 そして地元イスタンブールに戻りPetra Roasting Coを起業することを決断した。 帰国したことは彼にとっても、 彼の持つ5つの職場で仕事を得た多くの若者にとってもいいことだった。

僕の人生は何か足りないという思いで満たされていった。 興奮と未知のスリルと希望とどうにかなるだろうというごちゃまぜの思いは、 僕に立ち向かう力を与えた。

6年間のアメリカ生活を経てトルコに戻り自分のコーヒーカンパニーを起業したことが僕にとって最も飛躍する一因であった。
僕はいつもワインやコーヒー、 紅茶、 ウイスキーとかのテイスティングを楽しんでいた。 これらのフレーバーは普通の食べ物に比べてとても複雑でニュアンスがある。
ニューヨークの小さなカフェで2011年に僕史上最高に素晴らしいコーヒーに出会った。

新しいものに出会うまで はあなたはどれでも同じ味だと 思っているでしょう。 そして、 新しいものとの出会い はさらにそれ以上 に良いものがある ことを確信させる。

このことが僕を目覚めさせた。
2013年、 イスタンブールでの若者による反政府運動が始まった。 これまでのトルコの偉大なアートや政治、 文化が激動したきたように、 すべてが変化しようとしているようだった。

僕は僕の町にチャ ンスを与えなければ、 それを後悔する ことを知っていた。

海外に住んでいる友人の多くは離れていることを言い訳にして、 彼らの様々な問題や状況に文句ばかり言っている。 僕はそんな人間になりたくなかった。

僕はそれを考え直したりはしなかった。 自分の荷物をまとめてイスタンブールに戻って、 the Petra Coffee Companyをオープンした。

大学卒業後、 コーヒーのホールセールの仕事をしていて、 4か月の焙煎コースに通っていたので特に正式な準備という準備をしていなかった。

この分野での経験不足が自 分を思慮深くさせてくれた。

僕はこの業界の本質を深く掘り下げ自分のやり方で一から構築していく必要があることを知っていた。 この経験がなければ、 既存のビジネスモデルの壁にぶつかって、 自分のブランドの信憑性を脅かすことになっていたかもしれない。

見て明らかなように、 僕は自分のアイデアを生かすことのできるビジネスプランにしてきた。

自分の夢のうちの どれが成し遂げ られるのか、 そして、 その理由を理解す ることが重要なのだ。

次のステップは、 ブランドを作るためにグラフィックデザイナーを雇うことだった。
コーヒーはとてもシンプルで 2つか3つぐらいの原材料だけ。
商品を選んでもらうには、 選ぶのに十分な理由を与えないといけない。 自分自身の顧客体験を紐解き、 伝えたいライフスタイルの在り方を見つめ直し、 それを伝えていくことだ。

私たちは倫理的に人を大切にしている。 そして、 私たちはトルコ全土に高品質のコーヒーを持ち込み、 業界全体を底上げするのが目的。

僕は次から次へと噴 出してくる様々な困難を僕 自身の価値と 信念を貫き、 冷静に対応 することで克 服してきた。

4年間の準備ののちPetra Coffeeは今、 現実のものとなり、 常に進化し続けている。 今では5つの店を構え、 どの店舗でも同じクオリティーのコーヒーを提供している。
私たちはパンからミルクまで自分たちが販売するすべてのものの生産を監視することで高いスタンダードを保っている。 最高品質のコーヒーを厳選して焙煎し、 季節に応じて世界各地から輸入している。
水のようなシンプルなものであっても厳密なプロセスで提供している。

最初にイスタンブールに戻ってきた時からこの町の状況は悪化している。 機会を望んでいる多くの若者を残して、 ほかのどこかの国に住むことができる人たちは町から去っていった。
Petra Coffeeでは経験がなくても熱意のある若者を雇って、 働くために必要なトレーニングの機会を与えている。
今では、 50人近くのスタッフを抱え、 彼らは飛躍的に成長している。

私たちはこの近所で面白い何かをしている唯一の店であり、 外の通りの静かさと店内の賑やかさとのコントラストを見るのは魅力的だ。 純粋にサービスを提供しているだけで政治的変化を促進するふりなんてしていない。 しかも、 ここに人を訪れる人々は先入観を持っていない。 私たちは人々がお互いにつながる場を創り出したのだ。

僕は気づいていない自分の性格の側面を発見した。
シャイな性格は影を潜め、 残業することも少なくなっていった。 私たちは互いに耳を傾けることで一緒に成長してきた。 これが私たちの会社を特別なものにしているのだ。 このことなくして僕は成功することはできなかっただろう。

先の道は長い。 Petra Coffeeを騒がしい街の中心部に出店するかどうか、 など用心深く検討していることがある。 来年には店をより効率的にして、 そこで働く人々のためのより良い環境を作りたいと思っている。 トーマス・エジソンが言ったように「天才は1%のインスピレーションと99%の努力」だ。 自分自身と僕の会社をいつでも改善できることはないかと考えているが、 競合のことはあまり心配していない。

僕はいつでも自分の 価値観を胸に留めて置き、 これまでの重要 な決断はすべて自分の 価値感に基づい て下してきた。 そして、 それは決して僕を失 望させるこ とはなかった。
Next story
Fernando
幸せになるためには 全てを犠牲にする覚悟を
Instagram icon